依存症は回復可能な病気です。依存症から回復する為には治療にともなったリハビリが必要です。 S.A.R.S.千葉では、「精神面での回復」と「身体面での回復」の両方に取り組める環境を提供しています。

薬物やアルコールなどの依存症は、「身体のアレルギー」と「強迫観念」による病気です。 初めて自分が薬物、アルコールを使った時の「楽」になった気分を忘れられません。残念ながら快楽の記憶を消し去ることはできません。 そのため、事あるごとに薬物、アルコールを使うようになります。 楽になった記憶が脳に残っているために、常に薬物、アルコールに対する「欲求」を持ち続けることになります。 「つらい!!」「むかつく!!」どんなに小さくて些細な事でもそれがスイッチとなり、薬物やアルコールを使ってしまうのです。 逆に「もっと楽しみたいから」という時にも薬物やアルコールを使います。依存症者は、最初の一杯や最初の一回では止められないのです。 必ずもっと飲んでしまい、もっと使ってしまいます。そして、渇望現象と呼ばれる状態の中に入ってしまいます。 依存症者は、たったの一回(一杯)でも安全には摂取できない、一回でも使えば必ず渇望現象に陥ってしまうというアレルギーを持って生きていくのです。 アレルギー反応を起こさないためには、決して使わないという方法しかありません。例えば、ピーナッツアレルギーを持っている人はピーナッツを食べれば必ず反応が出ます。 ピーナッツを一度食べて苦しくなった人は、二度と食べません。ところが、依存症者はアレルギーを持っているにもかかわらず、また食べてしまいます。 この行いや思考を「アルコールや薬物」に置き換え、考えてみてください。それらは狂気なのです。 何故そのような狂気に走るのか、それは最初に自分がアルコールや薬物に出会い、使ったり飲んだりした時の「楽になった気分」が忘れられないからです。 そして、それらは死につながる依存症という病気なのです。 S.A.R.S.千葉では、RD(回復の力学:リカバリーダイナミクス)という依存症の回復に向けたプログラムを取り入れています。 その基本となるミーティングや認知行動療法心理ワーク、B・B・Qや海水浴等のレクリエーション、ダンス、スポーツ、お花のお稽古等、回復に向けて多角的なプログラムを行っています。 また、精神面での回復のほか、身体面のケアも充実しています。

何かの物質や行為への依存は、その依存自体が問題の根本ではありません。依存行為は、「病気」による症状のひとつです。 世の中での生きづらさからくる自己治療のために薬物やアルコールを使っている場合もあります。 自己治療とはいえ薬物やアルコールに頼り過ぎると、やがてはその薬物により人生がどうにもならなくなり、命を落とすことになります。 S.A.R.S.千葉では、当事者の 1)行動 2)認知 3)感情 4)スピリチュアリティ面での 4つの分野に取り組みます。【S.A.R.S.千葉】の施設は豊かな自然の中にあります。 都心部から車で、90分の南房総最南端に位置し、海と山に囲まれた所です。年間を通して穏やかな気候です。 医療機関と連携し週6日間病院内のデイケアに参加し、回復プログラムに取り組んでいます。精神科以外にも整形外科、内科、外科、歯科などで治療を受け身体面全般での回復を図ります。 渇望現象(クレイビング)を乗り切るためには医療が有効です。S.A.R.S.千葉では、精神科(主治医 医療法人 正和会 日野病院 院長馬場淳臣先生)による治療を継続します。 医師の指示に基づいた正しい服薬の管理も学びます。個人の希望により心理士との面談も行っています。 心と体を癒し、規則正しい生活習慣を身に付け、自分と向き合い、自分の中にある問題を解決し、目の前で回復している、先行く仲間を手本とし共に社会復帰を目標に共同生活をします。 その他、認知行動療法、12ステップ、B・B・Q、カラオケ、エイサー、運動、海辺の散歩、海水浴、ショッピング等のプログラムがあります。 回復に伴い、一人部屋で暮らすグループホームも提供しております。運転免許証取得も可能です。(現在入寮中の数名が教習所へ通っています)

入寮に伴う費用は1日6,000円です。その内訳として、入寮者のお小遣いとして1,500円、宿泊代、光熱費、車維持費、入寮ケア、プログラム費として4,500円です。 発生した医療費は別途請求です。また、生活保護受給者の方々はその範囲内での利用(入寮)が可能です。 本人、福祉事務所と相談後、不足分は私どもS.A.R.S.千葉のボランティア負担とします。

依存症者を抱える家族としての苦しみを誰かに打ち明けることができていますか?自分ひとりで悩んではいませんか? サルビア家族会では、同じ苦しみを持つ立場で話し合い、経験・勇気・希望を分かち合います。ワークショップやミーティングを通して問題解決を図ります。 依存症は治療とリハビリにより回復できる病気です。当事者が回復に取り組むのはもちろんのことですが、家族も力を合わせて問題をみつめることで家族関係の修復を目指します。 「依存」と「自立」は対極にある言葉です。依存症になっている当事者は S.A.R.S.千葉でのプログラムを通して自立した生活を送れるようになります。 自分の子供が回復のためのプログラムを始めて親元から離れるということは、永遠の別れではありません。 いっとき【S.A.R.S.千葉】の回復プログラムに専念することで、将来、新たな土台の上に立った新しい親子関係を築くことができるようになります。 依存症のお子様を抱える親として、「手放すとはどうゆうこと?」「なぜ愛する子供を手放さなければならないのか?」「どのような態度で当事者と関わるのか?」などの疑問にお答えします。 また、長年にわたる当事者との付き合いの中で疲れきっている心を癒す場所としても家族会をご利用ください。